当社サイトでは、サイト機能の有効化やパフォーマンス測定、ソーシャルメディア機能のご提供、関連性の高いコンテンツ表示といった目的でCookieを使用しています。クリックして先に進むと、当社のCookieの使用を許可したことになります。Cookieを無効にする方法を含め、当社のCookieの使用については、こちらをお読みください。

Article

記事一覧

  • New!

    オフィス街でも牧場でも?! 移動式の瞑想空間「(MU)ROOM Ride(ムルーム ライド)」

    オフィス街でも牧場でも?! 移動式の瞑想空間「(MU)ROOM Ride(ムルーム ライド)」

    コロナ禍による意識変容や、情報社会を背景とした精神疾患患者数の増加によって、近年、瞑想に対する需要が世界的に高まっているという。瞑想におけるマインドフルネスがウェルビーイングの実現やメンタルヘルスを改善する効果的な方法として注目されているのだ。日本ではメンタルヘルスへのアプローチの一つとして“サウナブーム”が巻き起こったが、瞑想はその次に来るのではないだろうか。アメリカではその勢いが顕著で、アメリカで瞑想を行う人口(過去1年以内に実施した人数)の割合は、2012年から2017年のあいだで3倍以上増加。アメリカには約2,500箇所の瞑想スタジオがあり、市場は成長(年率10%以上)を続け、現時点でアメリカのみで3,000億円を超える市場であると推測される。(※1) そんな中、日本で瞑想に対する面白い取り組みをしているプロジェクトがあるという。多様な場での瞑想体験を可能にする移動式の「(MU)ROOM Ride(ムルーム ライド)」だ。株式会社Chicabi(以下、Chicabi)、一般社団法人関西イノベーションセンター(以下、MUIC Kansai)、パナソニックグループの3社が共同で開発したというプロジェクトだが、一体どのような仕組みなのだろうか。ライターが実際に瞑想体験を行い、その様子をレポート。また、今回のプロジェクトの企画者でもある、Chicabi代表の川上さんと、MUIC Kansaiの村上さんにお話を伺った。 ※1 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000083261.html

    2024.04.24(最終更新日:2024.04.25)

  • ネコ用品メーカー〈nekozuki〉が大切にする、ネコの暮らしと健康のための商品づくり

    ネコ用品メーカー〈nekozuki〉が大切にする、ネコの暮らしと健康のための商品づくり

    現在、統計によるとネコの平均寿命は15.45歳と言われている(注1)。屋外飼いから室内飼いが推奨される時代に変わり、健康面の管理が行き届くようになったことが要因の一つと言われている。その一方で、高齢化によって生じる健康障害・病気も増加の傾向に。特に歯周病や腎機能の低下による腎不全は高確率で罹患すると言われている(注2)。習性上、痛みなどを隠す傾向にあるネコは、日々の動きや表情からは早期発見が難しい。そのためには定期的な健康診断以外に方法はないが、移動が大きなストレスにもなりうるネコにとって、病院への健診は毎回大騒ぎ。ネコと飼い主ともども疲弊する…というのは、共通の悩みではないだろうか。そんな中、ネコ用品メーカーから簡易検査キット「うちのねこといっしょ」が2023年に発売された。これは3種類の検査が自宅で行え、かつその場で結果が分かるというもの。企画から製造まで、岩手県内にある検査メーカーとネコ用品のデザイン会社が開発し、国内で生産しているという。株式会社nekozuki代表・太野 由佳子さんに開発の経緯や、ネコ目線で行っているという商品開発について伺った。(注1)参考:令和3年 全国犬猫飼育実態調査|一般社団法人ペットフード協会https://petfood.or.jp/topics/img/211223.pdf(注2)https://www.anicom-page.com/hakusho/journal/pdf/120827.pdf

    2024.04.12(最終更新日:2024.04.12)

  • ウーバーイーツがデリバリーロボットでの配送を開始! 楽天もつくば市で運用、医療分野でも期待 ~デリバリーロボット実用化の最前線~

    ウーバーイーツがデリバリーロボットでの配送を開始! 楽天もつくば市で運用、医療分野でも期待 ~デリバリーロボット実用化の最前線~

    フードデリバリー業界の大手ウーバーイーツ(Uber Eats)がデリバリーロボットを導入し、2024年3月6日から実用化を開始しました。デリバリーロボットは自動運転の自律走行が可能で、歩行者や障害物を避けたり、信号を守って横断歩道を渡ったりしながら、注文を受けた食品を自宅やマンション、オフィスビルの入口まで運びます。楽天はECサイトの配送業務にデリバリーロボットを活用、フードデリバリーも行っています。また、川崎重工業、ティアフォー、KDDI、損害保険ジャパン、menu、武田薬品工業の6社は「オンライン診療と5G自動配送ロボット」の実証実験を2023年1月~2月に実施。オンラインで医師による診療と処方、薬剤師による服薬指導を行い、ロボットによって医薬品を個宅配送(自動配送)する仕組みです。各社がデリバリーロボットの実証実験と実用化に乗り出している背景には、2023年4月1日に、自動配送ロボットなど遠隔操作型小型車の交通方法などを規定した、改正道路交通法の施行があります。これにより自動配送ロボットの公道(歩道)走行がしやすくなりました。デリバリーロボットの最前線をお届けします。

    2024.04.15(最終更新日:2024.04.15)

  • 食用油はヘルシーオイルを選ぶ時代へ…健康とおいしさを叶える“サビないオイル”の新技術とは?

    食用油はヘルシーオイルを選ぶ時代へ…健康とおいしさを叶える“サビないオイル”の新技術とは?

    みなさんは「食用油」と聞いて、どんな印象を持っていますか? ダイエットの大敵、健康のためになるべく控えたいというイメージを抱く人は少なくないでしょう。しかしながら実際は、様々な技術の進化によって、油脂類との付き合い方が大きく変わりつつあることをご存じでしょうか? 今回は、「食用油の今」をテーマに、健康をサポートする食用油のご紹介とそれらを生み出す最新技術について詳しくご紹介していきたいと思います。

    2024.04.11(最終更新日:2024.04.11)

  • 今の気分に合うお茶を、プロ級の美味しさで味わえる「teplo ティーポット」とは?【やさしいテック学】

    今の気分に合うお茶を、プロ級の美味しさで味わえる「teplo ティーポット」とは?【やさしいテック学】

    フィンテックやフェムテック、アグリテック、エドテック……日々進化し続けるテクノロジーと特定の領域をかけ合わせた、「◯◯テック」。最近よく耳にするけれど、実際、どのような技術が使われていて、なぜ注目されているのか? よくわからないという方も多いのではないでしょうか。 本企画【やさしいテック学】では、現役大学生の世良マリカさんが、気になるテック業界の有識者へインタビューを敢行。目まぐるしく変化するテックについて、学んでいきます。 第9回となる今回は、どんな種類のお茶も最適な条件で抽出できる「teploティーポット」を体験!『「いちばんおいしいお茶」を世界中の⼈々に届ける。』をコンセプトに、世界初のパーソナライズ抽出機能を搭載し、飲み手にあったお茶を提案しているteploティーポット。お茶のパーソナライズとは一体…? どのような技術で美味しいお茶ができあがるのか、そしてteploティーポットが開発された背景など、実際にお茶を飲みながら、代表取締役の河野辺和典(かわのべかずのり)さんにお伺いしていきます。

    2024.04.09(最終更新日:2024.04.09)

  • 「スパコン」と「AI」で進化が加速!「創薬」の現状と未来

    「スパコン」と「AI」で進化が加速!「創薬」の現状と未来

    日本が世界に誇るスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」。2021年3月から本格的な運用を始め、1秒間に50京(京は1兆の1万倍)回以上の計算が可能です。しかし、2023年11月に発表されたスーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキング「TOP500」では、米オークリッジ国立研究所の「フロンティア」が3年連続でトップとなり、理化学研究所の「富岳」は、米国の「オーロラ」と「イーグル」にも抜かれ、前回の2位から4位となりました。このようにスーパーコンピューターの世界では、現在進行形で熾烈な開発競争が行われています。そんなスーパーコンピューターは、創薬でも活用されるようになりました。創薬の現状と今後、考えうる未来についてみていきましょう。

    2024.04.16(最終更新日:2024.04.16)

  • 「サブで使う」から「スキマ時間に毎日使う」へ… コードレススティック掃除機の進化とは?

    「サブで使う」から「スキマ時間に毎日使う」へ… コードレススティック掃除機の進化とは?

    今や多くの家庭で使われており、すっかり定着した感のあるコードレススティック掃除機ですが、日本市場で主権を握ってから5、6年しか経っていません。まだ歴史が浅いこともあり、進化の途中にある一方で、日常使いでは過不足なく使えるものも増えてきています。今のコードレススティック掃除機のトレンドはどのようなものか、使いやすい掃除機の選び方を交えながら解説していきます。

    2024.04.09(最終更新日:2024.04.18)

  • ベテラン自動車ジャーナリストも衝撃…ここまで進んだ「人にやさしい自動車テック」4選

    ベテラン自動車ジャーナリストも衝撃…ここまで進んだ「人にやさしい自動車テック」4選

    2020年代に入って以降、自動車に関わるテクノロジーの進化は目覚ましいものがあります。筆者は日常的に、世界各国で登場する自動車テックを取材していますが、そのなかでもとくに気になった「人にやさしい自動車テック」を4つ、ご紹介しましょう。

    2024.04.08(最終更新日:2024.04.08)

  • 寄生虫リスクを限りなく低く!「陸上養殖」という新しい魚の選択肢とは?

    寄生虫リスクを限りなく低く!「陸上養殖」という新しい魚の選択肢とは?

    日本は水産資源に恵まれた国として、世界中から長く注目されています。理由は、寒流の親潮と暖流の黒潮がぶつかり合うことで冷水性の魚と暖水性の魚の両方が回遊・生息することにありますが、この点だけで想像すると、普段私たちが口にする魚の多くは国産の天然魚ではないかと考える人は少なくないでしょう。しかしながら実際は想像と大きくかけ離れた状況です。水産庁、農林水産省等のデータ(※)によれば、日本における魚介類(食用)の自給率は56%、そのうちの生産量の24%は養殖漁業が占めています。この養殖依存状況は世界規模になると顕著で、将来の魚の需要増加を補填できるのは唯一、養殖産業の振興のみだとされています。養殖魚がいかに身近になっているか? という点においては、実際に魚売り場に足を運んでみれば、すぐに納得できるかもしれません。並んでいるサーモン、鯛、マグロ、ブリなどを見ていくと、「養殖」と記載された商品がいかに多いかがわかります。数字的には、真鯛の81%、クロマグロの61%が養殖であるというデータが発表されています。しかし、この状況は必ずしも悲観的な話ではありません。日本においては少子高齢化、都市部への人口流出、漁業の後継者不足などの社会問題の一つの打開策として、養殖漁業の技術が進化を遂げているのです。そこで今回は、日本における養殖漁業の中でも新しい技術として注目される「陸上養殖」という手法に焦点をあてて話を進めていくことにしましょう。

    2024.04.03(最終更新日:2024.04.03)

  • 「溺れそうな人」を自動検知!プールや海での不幸な水難事故を防ぐ、最新AI技術に迫る

    「溺れそうな人」を自動検知!プールや海での不幸な水難事故を防ぐ、最新AI技術に迫る

    多くの人が水辺のレジャーやスポーツの時間を楽しむ一方で、毎年多くの水難事故が発生しています。しかし、近年ではAIの技術が進化し、水難事故の防止に大きな役割を担いつつあります。中央大学の研究開発機構が開発した最新技術は、プールや海辺での安全管理や水難事故を効果的に防ぐ手段として注目を集めました。そこで今回は、水難事故防止のAI活用の現状と、今後のさらなる技術の応用を紹介します。

    2024.04.01(最終更新日:2024.04.01)